JCI公益社団法人 柏青年会議所

▼

Profile

青少年育成委員会 事業方針・事業計画

青少年育成委員会  委員長 杉野 直弘

事業方針

柏市の人口は現在、増加傾向にありますが、2025年を境に人口減少が見込まれています。それは、まちの発展に対して主体的に取り組む大人達が減少することを示しています。まちが持続的な発展をするためには、自らまちの事を考え行動できる主体性を持つ大人の存在が不可欠です。地域の宝であるこども達が大人になった時に、このまちの事を思い主体性を持って行動できるよう「郷土愛」を育んでもらう事が必要です。

まずは、一人でも多くのこども達がまちに関心を持ってもらうために、郷土愛を育む必要性や大切さを身近な大人に理解してもらう事が重要です。それを踏まえ大人がこどもにまちの魅力や現状を伝える事で、未来を担うこども達がまちに関心を持ってもらうきっかけとします。そして、学校・家庭・地域の大人達がこども達のお手本となる事で、自らがまちに関心を抱き郷土愛を育む環境を創造します。より多くの人達に伝播するために「こども達が郷土愛を育む必要性を大人達に伝える例会」を開催します。また、こども達が郷土愛を育むために、様々な人達と連携し私達が主体となり、まち全体で健全な育成を取り組むため「第8回柏こども夢サミット」を開催します。次世代を担うこども達が人やまちに思いやりの心を持ちつつ直接コミュニケーションを図り、より良いまちにするには「何が必要で」「何が足りないのか」「何が出来るのか」に、真剣に向き合う機会の提供をします。そして、こども達が将来、社会の中で自立し生き抜く力を身につけた逞しい人財となり、まちの発展のために主体性を持って行動できる大人になってくれると強く期待します。

こども達に郷土愛を育んでもらうための例会事業を行い、一人でも多くのこども達が公共心や道徳心を培い郷土愛を育み、将来大人になった時まちの発展のために主体性を持って行動できる人財になると確信し、私たちは情熱を持って活動してまいります。

事業計画

  1. こども達が郷土愛を育む必要性を大人達に伝える例会の開催
  2. 第8回柏こども夢サミットの開催
  3. わんぱく相撲の開催
  4. 忘年例会の開催
柏青年会議所組織図